次男であっても長男が継いだ本家のお墓に入れる?

本家と分家は基本的には別々のお墓を持つことが必要ですが、長男が継いだ本家のお墓には次男は入ることはできないのでしょうか?本家のお墓に誰まで入ることを許可するかと言うのは、その家のしきたりや地域性、宗教・宗派によっても異なりますが、一般的には本家を継がなかった次男は、本家のお墓に入ることはできません。

次男は、本家を離れているのであれば、分家として別にお墓を建て、そこに入らなければいけません。

代々長男が家を継いでいるのであれば、次男以降の人は分家を持ち、いずれはお墓の準備が必要であることを心得ておきましょう。

ただ、例外もあります。

そもそも分家とは本家を離れた人間が作るものであって、必ずしも次男が作らなければいけないというものではありません。

次男であっても本家を継いでいたり、結婚しないまま本家に残っている場合には、もちろん本家の人間となるため、本家のお墓に入ることが可能です。

また、たとえ分家を作って家族を持っていたとしても、その次男夫婦に子どもがいない場合は本家のお墓に入ることが可能です。

この場合、分家としてのお墓を作ったとしても、次男以降代々継いでいく人がいないため仕方ありません。

しかし、既に分家を作って本家を出ていて、やむを得ない事情で本家のお墓に入ることを希望するのであれば、本家の主である長男にその旨を伝え許可を得なければいけません。

もちろん、長男が許可をすれば、次男の妻も本家のお墓に入ることが可能です。