お墓には移転という方法も。移転の手続き方法とは?

昔から、代々子孫がお墓の世話をすることが一般的でしたが、最近では核家族化・少子化が進み、本家のお墓の世話をする人がいなくなった、お墓が遠くてなかなか世話ができない、という悩みを抱える人が増えてきました。

しかし、お墓の世話ができなくなったという理由でそのままにしておくわけにもいきません。

お墓はその場でずっと維持しなければいけないと思っている人もいますが、実はお墓は移転することができるのです。

「改葬」と呼ばれるものですね。

つまり、きちんと手続きさえすれば、お墓の世話をできる人の近くにお墓ごと、もしくは遺骨を引っ越しさせることができるのです。

では、お墓の移転の手続きとはどうすれば良いのでしょうか?お墓の移転をするには、まずは移転させたい霊園を決め、墓地を購入し、そこの管理者に「受入証明書」の発行を依頼します。

受入先の準備が整えば、移転前の自治体で「改葬許可申請書」をもらって必要事項を記入し、移転前の霊園管理者に許可を得て署名と印鑑をいただきます。

ここまでできれば、「改葬許可申請書」を移転前の自治体に提出します。

受理された時点で「改葬許可証」を受け取ることができるので、それを移転前の霊園管理者に見せた上でお墓や遺骨の移転準備を始めます。

準備ができれば、移転前の墓地は更地に整え、移転先の霊園に「改葬許可証」を提出した上で新たに埋葬をします。

宗教によって、移転前のお墓から遺骨を取り出す際と、移転先のお墓に埋葬する際には法要を行います。

お墓の移転は、移転前、移転先の霊園の協力なしには行うことはできません。

お墓の移転を決めた時点で、早めに両者に相談しておきましょう。

【関連サイト】墓地、埋葬等に関する法律